発注ミニ知識
製造業 事業所数・従業者数・付加価値・1人あたり付加価値
淘汰される町工場

日本の製造業は全体として縮小していますが生産性は向上しています。その中身を見ると、小規模事業者の淘汰によるものだということがわかります。現在生き残っているサプライヤーとの将来を見据えた新しい関係構築が必要です。

続きを読む
発注ミニ知識
新興国に奪われる仕事とは?

日本の受託製造業について、新興国との関係を考えてみます。中国や東南アジアなど、特に大量生産品の仕事は新興国に流れて行ってしまいました。国内事業者は国内で残されたパイを奪い合う構図となり、互いに値段を下げ合って疲弊しています。一方、日本のワーカーは決して高いわけではなく、更に職級が高くなるほど割安です。

続きを読む
発注ミニ知識
町工場=ジョーカーばかりのババ抜き!?

日本の受託製造業についての、受託側の変化について解説します。従来のように単に一方的に仕事を安価で受けるだけの下請け企業と、代替わりも済んで積極的に付加価値を高めている高成長企業に2極化が進んでいます。この変化をいち早く見抜ければ、国内で高品質な部品を調達するためのヒントが見つかるかもしれません。

続きを読む
発注ミニ知識
従業員数の変化
町工場の変化と二極化

日本の受託製造業について、値付け感に見るビジネスの成立性を考えていきます。今回は、長年続く受託製造業務の物価との関係について取り上げてみます。昔ながらの仕事を、他者に転注しようとしたときに価格が数倍に跳ね上がる経験をしたことはないでしょうか?発注側、受託側共に、正しい値付け感について考えるご参考になれば幸いです。

続きを読む
発注ミニ知識
受託費用の硬直性とは!?

日本の受託製造業について、値付け感に見るビジネスの成立性を考えていきます。今回は、長年続く受託製造業務の物価との関係について取り上げてみます。昔ながらの仕事を、他者に転注しようとしたときに価格が数倍に跳ね上がる経験をしたことはないでしょうか?発注側、受託側共に、正しい値付け感について考えるご参考になれば幸いです。

続きを読む
発注ミニ知識
付加価値と受託費用の関係とは

日本の受託製造業について、コスト構造をブレイクダウンした後に、実際のモデルケースで加工費の資産をしてみます。私たち製造業のコスト計算の方法を見直す一つの事例としてご覧いただければ幸いです。

続きを読む
発注ミニ知識
急速に進むサプライヤーサイドの変化

日本の受託製造業の変化をとらえ、付加価値を高めるための強みに変えられるような情報を共有していきます。まずは、仕事の価値について考えてみましょう。日本人の仕事はどれだけの価値を生み出し、世界的に見ればどの程度の水準なのでしょうか。

続きを読む
発注ミニ知識
受託製造業のビジネススタイルを知ろう!

町工場のビジネスはまさに一期一会です。その都度様々な依頼が入ったり、納品が完了して終わったりと絶えず流動的な状態です。同じ仕事でも、タイミングが良ければ低コスト短納期で加工してくれたり、まったく受け付けてくれなかったりと、対応もまちまちです。そんな受託製造業のビジネス観をまずは是非知って下さい。

続きを読む
発注ミニ知識
発注ミニ知識
受託製造業のコスト構造を知ろう!

私たち受託製造業のコスト構造について解説します。製造業以外の付加価値についての考え方にも通じますが、製造コストは材料費+加工賃です。加工賃が製造の付加価値となります。加工賃は加工工数x時間チャージとなります。時間チャージを適正にし、加工工数を短縮して、品質を高く保つことが受託製造業の使命と言えます。

続きを読む
発注ミニ知識
溶接面
受託製造業の役割と未来

TOKYO精密機械部品では、様々な中小製造業、いわゆる町工場をネットワークしています。そして、町工場同士が対等な立場でクラスターとして結集し、ハブ企業を通じて顧客と対等なパートナーシップを気づいていく事が必須であると考えます。まずは私たち受託製造業について知っていただければと思います。

続きを読む